前へ
次へ

教育学部で先生になるという選択肢

いま、公立の学校では、先生が忙しく大変だという話を聞きます。
少子化に伴って、先生の数も減ってきたことで、一人何役もこなさなくなくてはいけなくなっていることが原因ともいわれます。
それでも、いつもやりがいに満ちた先生も多く、それを見ている子供は、将来は先生になってみてもいいかな、と行っています。
先日も、進路の話しになり、将来的に何になりたいか、という内容を学校へ提出するというものがありました。
学校としては、将来像を描くことで、勉強に目的を持たせるために行ったようですが、その用紙を記載しているときに、ますます先生になりたいという気持ちが高まってきたようです。
そして、具体的に先生になるための道筋について、話しをすることにしました。
私の妻は、農学部に行きながら教員になるための資格を取っていましたが、子どもの場合は先生への直球勝負ということで、教育学部一本に絞ることにするとのことでした。
ここまで、思いきれるのは、逆に大したものだと感心させられました。

Page Top