前へ
次へ

教育の内容とはすぐに役に立つとは限らない

教育というのはとても難しいもので例えば実学と呼ばれる実際に役に立つ学問や技術を教えるというのがまずは基本的に大事になります。
例えば極端な話をしてしまうと掛け算引き算掛け算というような計算の方法なんてものは当たり前ではありますが学ばせておかないと実生活で役に立たないということになります。
文字の書き方とか文章の書き方など基本的な学習というのはまずはそういうことから始められるわけです。
そして、高等教育などに進むことによって大半の場合、実生活に役に立つわけではないのだが学業として求められることというのを学んでいくことになります。
それはどんなものかと言えば例えば因数分解とか化学方式などになります。
そちらの道に進むのであれば良いのですが大半の人はこういうものを仕事に用いるということはなく、それでも学んでいるということが多いです。
つまりは、教育とはそういうことになります。
様々な選択肢を自分に与えるために今現在や将来的に役に立つとはわからないことも学ぶ必要があるわけです。

Page Top