前へ
次へ

お子様の教育資金を準備しておきたい

お子様の教育に熱心なご家庭が増えているため、赤ちゃんが産まれたら計画的にお金を貯めておく必要があります。
専門学校や大学、大学院などに進学させたい人が増えているため、まとまったお金が必要です。
理系や医療系の学校に進学させたい場合は、400万円から、500万円ぐらいは準備したいです。
お子様がいると出費がかさむため、お金を貯めるのが難しい時期もあります。
学資保険に加入をしておくと、大学に入学する前にお金を受け取ることが出来るので、必要なお金を捻出できます。
預貯金に比べると学資保険のメリットは、被保険者に万が一のことが合った時でも、保険金を受け取ることが出来るので、お子様を希望の学校に進学させることが出来ます。
銀行や信用金庫などの金融機関では、安定して継続した収入のある20歳以上の人は、教育ローンを申し込むことが出来ます。
教育ローンはキャッシングやカードローンに比べると、低金利で長期的な融資が受けられるのが特徴です。

Page Top