前へ
次へ

学資保険のメリットとはどこにあるのか

学資保険はこども保険とも言うべき保険商品なのですが、これによって将来の教育資金の準備ができるようになります。
子どもが進学しようとするタイミングはわかりきっていることですから、そのときに学資金として受け取れるように、としておく事ができる保険になります。
所謂、貯蓄型のものであり、満期時に満期金を受け取ることができます。
原則的に契約者は親と子どもの通生保険となります。
親が亡くなってしまった場合は支払いが免除されます。
つまりは、そのまま保険料の支払いがなくなり、満期になったときには契約どおりに満期金を受け取る事ができるようになります。
当然、子どもがなくなることもあるわけですが、そのときにも返って来ることになります。
普段から問題なく貯蓄できている人であればこの手の保険というのはそこまで加入する意味があるのかといえばそんなに強くはないです。
ですが、強制的にでも備えておきたいとか親が死んだときのことを考えるのであればメリットはあります。

Page Top