前へ
次へ

ペットは子供の情操教育に有効的です

ペットは子供の情操教育に良いと聞いた事はありますでしょうか。
情操教育というのは感情面を育てる教育のことで、絵画や音楽などで育てる事が出来ると言われていますが、ペットを育てる事でも、優しさや責任感・悲しみなどの感情を育てる事が出来るのです。
なぜなら、ペットを世話するという事は責任感がなくては務まりません。
また、ペットという小さい動物を育てるという事で気持ちが優しくなれたり、相手のことを考えて行動する事が出来るようになるのです。
ペットは嘘をつかない為ペットの信頼に応えようと行動することにも繋がるでしょう。
その他にも、特に犬や猫はお母さんに怒られたり友達と喧嘩した時に落ち込んでいると、そっと寄り添って慰めてくれるため子供の気持ちが晴れるきっかけともなるでしょう。
いつかくるペットとのお別れは子供たちに生と死を教えることにもなり、生きているものは全て大切にしなければいけないという事も教える事が出来ます。

Page Top